NEWS

2020/07/24 ブログ

スタッフ自己紹介ブログvol.1 嶋本勇介

こんにちは、DRIVEでコミュニティマネージャーをしています、嶋本勇介です!
DRIVE全体の企画を考えていきながらも、「教育」×「地域」×「Tech」といった切り口で、色々と皆さんと関わっていければと思っております!

よろしくお願いいたします!

略歴

▶北海道札幌市出身
▶北海道大学文学部行動システム科学コース卒業
▶デロイトトーマツコンサルティング合同会社にて経営コンサルタント職
▶2019年札幌にUターンし、tomonasu合同会社を設立
▶北海道最大級の教育カンファレンス「EDU FES北海道」主催、等

何をしている人か?

「教育」をキーワードに、大きく3つのことを仕事にしています。

①これまでに無い/足りていない、新しい学びの在り方の事例を創る活動

具体的には、「高校生みらいラボ」という、高校生がオンライン上で様々な大学生や社会人の話を無料で聞くことができるプラットフォームの立ち上げ・運営を行っています。(https://koukousei-mirai-lab.jp/) 

②北海道に教育情報・プレイヤー間のつながりをつくる取り組み

北海道の中にも、たくさんのすばらしい教育をしている方々がいます。「あれかこれか」ではなく、「あれもこれも」。一つの教育の形ではなく、様々な教育の形を共有し、教育に関わる多様な方々が繋がるための「EDU FES北海道」という道内最大級の教育カンファレンスや、「EDU FES ONLINE」という北海道に特化した教育Webメディアを運営しています。(https://edufes-online.com/)

③北海道の教育業界とビジネス界の垣根を崩し、連携を強化する取り組み

これが、DRIVEに僕が関わっている理由ですね。「社会に開かれた学校」という方針のもと、学校も様々活動していますが、まだまだ教育業界とビジネス界の間に立ちはだかる壁は高い。この壁を崩していくために、DRIVEと学校が繋がっていけばいいなぁと思っています。

DRIVEで個人的にチャレンジしたいと企んでいること

DRIVEとしての組織的なチャレンジは、別途発信するとして…
僕自身が個人的にやってみたいことは、下記の4つです。

①「(1→10)+100」をつくる

②「?→!」に出会える機会をつくる

③「学校の外の職員室」をつくる

④「学生も一人前の大人として扱われる空間」をつくる

何それ?と気になった方は、ぜひこちらのnoteも読んでやってください。笑

https://note.com/yshimamoto/n/n4c20be05554e

そして、これらのチャレンジは、絶対に自分一人ではできないので、DRIVEに関わる方々と、作戦会議を積み重ね、楽しんで手を動かしながら、創っていきたいと思っています。

SNSでもお気軽にご連絡下さい!

DRIVEにお越しになった方は、是非お声がけください!!!
問合せも含め、SNSでもお気軽にご連絡いただけますと幸いです!

▶Facebook:https://www.facebook.com/yusuke.shimamoto.96

▶Twitter:@yshimamoto0326

※Facebookの申請の際は、一言メッセージを頂けますと幸いです。